スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詭弁で論理武装?w

詭弁って難しくて
使い所を間違えると矛盾が生じますが・・・w

水です。

社会に出ると
様々な場面で論理的に相手に訴えなければならない場面が増え
当然、感情をなるべく押し殺した上で会話をしなければなりません。

正論だけではどうにもならない事も多々あり
明らかに相手が間違っていても
こちらが理路整然と粛々と畳み掛けるように出来ないと

矛盾をしていても言い負かされることもあります。
別に言い負かされても問題なく
むしろ事がスムーズに行く時もあるんですけどねw


ただ
変に自分に自信があって
経験をある程度積んだ人で
プライドが高い人ほどに
方向性を間違ってしまい

勢いで言った事を通したいが故に
矛盾を詭弁で強引に押し通そうとする事があるのも
事実あります。






俺の経験上
自分が感情的になると
まず負けますし、後々その感情で言った一言が
何度も自分を苦しめます。

ならどうすれば感情的にならずに済むのか?
経験を積むしか無いのかなと
今は考えます。

少なくとも
仕事上での付き合いの中では
色々な経験を積んでこれたお陰なのか
感情的になることはかなり抑えられるようになりました。

それでも30前後にしてやっとですけどね・・・・お恥ずかしいw



ただ最近になって思うことは
もう少し子供でも良かったかなとも思っています。

ちょっと背伸びして慣れてしまったが故に
それが板についてきてしまったが故に



言い合い出来る年齢層が50歳以上になってしまい
案外と寂しい状況になってしまいましたw

あくまでも仕事の関係の人だけの話ですけどね。




そんな俺でも
嫁には勝てないんです・・・・・

嫁TUEEEE



以上。

インターネットに潜む危険。

ニコニコ動画見ていたらですね
悪寒がする動画見つけてしまったんですよ。

何となくなんですけど
それは普通の番組の録画した奴なんですがね。

検索してはいけない言葉とか何とか。




気になるじゃないですか。
絶対に検索してはいけないとか言われると。


でもですね。
とてつもない悪寒がするんですよ。

昔はそういうの大好きだったんですけどね
やっぱいけないって注意がされている事は
いけないんだと思うんです。

気にはなっているんだけど。
ほら





眠れなくなっちゃうから。






^-^;;;

備忘録:骨の病気

2012年5月某日
骨の腫れに気が付いた。キッカケはたまたま。
仕事柄、道具で叩いた記憶は無く
押すと痛いがさほど痛くは無い。
何で気になったのかは解らないが。


休みが数ヶ月無かった事もあり、昼休み後から病院に行くという理由で
休もうと画策。病院に診察へ行く。

どうせ大した事無いと勝手に思っており
診察後直ぐにレントゲン撮影。

レントゲンを見るなり神妙な顔をする医者。
それが始まり。
血液検査をするから週明けにまた来てくれと言われ
その日は帰宅。

同月某日
血液検査の結果を診るなり
何やら小声で二人の医者が相談。
本人たちは小声のつもりだがはっきり聞こえる。

骨腫?何だろう・・・・解らない。
初めて見る・・・・CRP値は正常だし・・・・


結論は解らないと言われ
他の病院へ紹介状を書くからそこで精密検査をして貰いなさいと言われる。


その日に帰宅をし
直ぐに両親へ報告。仕事の都合等もあり
数日後に東京の病院で診てもらえということに。

同月某日
東京の某病院にて検査。
その病院では解らない。そのままその足で別の病院へ。

紹介を受けた病院で更に検査。
病名は骨腫瘍。あくまでも総称らしい。
正確な病名までは病理診断をしないと確定は不可能とのこと。
手術をすれば痛みは取れると思うとのこと。
痛みは大したこと無いが、正直気持ち悪いので
命の危険があるのなら指を切断してくれと伝えるが
それは出来ないと拒否。そもそもそれで問題の解決には至らないと言われる。

結果として、手術で切除することに決定。
ただあくまでも全部は取らないと言われる。
良性の可能性が非常に高いため、全てを取り除くのは意味が無いと。
その言葉を信じて全てを任せる事に。
手術日は翌月19日。その日は帰宅。



2012年6月18日
手術日前日。
病院に着くなり絶飲食が始まる。

翌日。6月19日。手術日当日。
午後の予定だったが朝から色々あったらしく予定時刻は大幅に遅れる。
あんまり細かい事は覚えていないが・・・w

全身麻酔での手術なので色んな説明を受ける。
手術日が決まってからの病院の説明等は全てが逃げの説明。
何処も同じなんだな・・・・・・・

その後、当日の麻酔が切れてからと
翌日の夜まではかなりの激痛。正直眠れないので
睡眠導入剤を貰う。寝れば気にならないはず。
だが・・・きつかった。

約7日で退院。総支払額は9万8000円ほど。
健保にて高額医療費向けの限度額適用申請証
を申請していた為に、それで済んだ。
本来なら一時金とはいえ、27万近くを一括で支払わなくてはならなかった。


翌月某日。
抜糸の為に再院。
5秒で終わった抜糸。その為に予約をしていたにも関わらず
3時間半待たされる。
抜糸終了後に、痛みがあるなとよ~く目を凝らしてみると
1本取れてない・・・・・・・・自分で抜いた。
何とも杜撰な病院だ・・・・

1・3・6ヵ月後と1年後にまた来るようにと言われたが
正直またここで診察して貰うのは勘弁・・・w


ここに至るまでの間に
セカンドオピニオンをしていた先生より忠告があった。
一度直接診たいとのこと。
某日に診察に行く。

セカンドオピニオンの病院の医者2名の意見は分かれる。
片方は類骨骨腫。もう片方は内軟骨腫。
手術をした病院の病理診断の結果は骨軟骨腫。

もう訳がわからない。



その後、色々あったが
約1年が経ち、指は手術前よりも腫れが出て来ている。
不安は募る。本当の病名は何だったんだと。

2013年6月12日
大阪のセカンドオピニオンをしていた病院を再び訪れる。
診察を受け、様々な検査をし1年前を思い出す。
病名は類骨骨腫。この先生は一度もぶれてない。
色々な事が頭をよぎったが決意は固まっていた。
この病院で手術を受けると決める。

その日、再発で再手術をいう厳しい状況を
突きつけられたが少しだけホッとした自分が居た。

それでも不安はあるが・・・・




これまでに解ったこと。
どの病院でも、骨腫瘍とは言われている。
病理診断が最も信頼性が高いということ。
レントゲン・CT・MRIでは骨腫瘍以上の情報が確定診断出来ないと言うこと。
どの病院でも、良性の可能性が非常に高いということ。

但し、100パーセントでは無いということ。
裏を返せば
絶対とは言わないということ。

数パーセントの悪い可能性が
最悪の可能性が常に頭をよぎり
5年の生存確率70パーセントという最悪の結末を
意識してしまう現実。

これが今の全て。
それでも俺は
手術を受ける。

2013年6月21日までの軌跡。



続きを読む

プロフィール

水

Author:水
おっさんの気紛れblog

好きな言葉

病は気から。
流した汗は裏切らない。
諦めたらそこで試合終了。
正しい事をしたかったら
偉くなれ。



( ゚∀゚)o彡°

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。