スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖・・・・

嫁のせいで思い出してしまった・・・・水です。




その昔
学生時代に何度か肝試しで色々な経験はしましたが
特別その後も引きずる事は無かった事を考えると

まぁ大した事無かったと思い
あんまり深く考えずに過ごしてました。


そう・・・・あんな体験をするまでは・・・



仕事で
地元の廃病院を解体することになり
俺がその現場を任されました。

解体前に御祓いをしましょうと提案するも
社長から


あ?
んなもん
お前が塩と酒を
蒔いとけば良いんだよ




と・・・・




結局
自分で酒と塩を買い
自分で御祓いをすることに。



解体業者
あのぅ~俺こういうの大好きなんで
写真とか撮っても良いですか?^p^




構わないけど

解体業者
やった~w


俺・・・・




その後
解体前に全景写真を撮らないといけない為
各所の写真を撮りながら打ち合わせを始めた。


とある一箇所を除いて・・・・






解体業者
監督さん。あそこまだ行ってないですよね?


ん?

解体業者
あそこですよ。病院といえば。


・・・・・

解体業者
ほら!w


・・・・・

そう・・・・考えたくは無かったが
病院には必ず遺体安置所がある。
霊安室と呼ばれる所だ。

促される様にそこに行くが
どうしても扉を開ける事が出来ない。

解体業者
じゃぁ、開けますよ~


あぁ・・・

すると、そこには目の前に神棚があり
何とも言えない臭いがたち込めていた。







塩をまき、酒もまき
無事に現場が終わるように祈り
その後、業者に何とか安全に作業をしてくれと
言い伝え、解体作業を開始した。


霊安室から解体を始めたが
当初の予定では2ヶ月で終わらす予定。

霊安室を解体し終わった所で
何とも言えない気分がしたので
その日の作業を中止させた。


全体の工程を見直し
4ヶ月に工期を延長した。

その後
何度と無く急な突風や
様々な怪奇現象により工事は何度も中断し
最初の予感は的中して行った。





流石に怖くなり
由緒ある場所で御祓いを受け
その後は順風満帆。順調に作業を続ける事が出来た。

あの何とも言えない気分はなんだったのか
未だに謎である。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>非公開コメさん

情報ありがとうございます。
そういった事も視野に入れつつ気をつけていきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>桜c

信じざるを得ない経験を体感すると
人間って何かにすがるんだなと。
これといって被害は無かったので
良かったです。俺は。

>>プルート民さん

楽しんで頂けてるなら嬉しい限りです。
信じる物は救われる。
そう信じるしか無いですものね。
鏡の件。早速買ってみますw

No title

水さんの記事はいつも楽しみにしています。

季節的に、まだ少し早いかなと思われるオカルトチックなお話ですが・・・・

素人が、お払いの真似をして大変なことになったりします。
皆さんに、何事もなくよかったですね^^;

そんな水さんに、どんな鏡でも構わないので、胸ポケットがあれば、
その胸ポケットに鏡の写す面を外側に向け忍ばせると、
自分の身を得体のしれないお方たちから守ることができますよw

これは、鏡がはねかえす役目を果たすとお世話になった霊能者さんから聞きました。

ただ、霊能者さんというのは、99%が偽物でのこりの1%が本物だとのことです。
お世話になった霊能者さんは、お金をとる人ではなかったので本物かなと・・・・・思いたい(笑)

No title

解体現場は行った事ないけど
ベテラン連中がよく言うね。

解体現場は、よくでるって(´・ω・`)

大阪の某解体現場は有名な霊媒師?さんでもお手上げで
犠牲者が数人でたそうな・・・
プロフィール

水

Author:水
おっさんの気紛れblog

好きな言葉

病は気から。
流した汗は裏切らない。
諦めたらそこで試合終了。
正しい事をしたかったら
偉くなれ。



( ゚∀゚)o彡°

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。