スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主主義って。



ちょっと面白い動画を観ました。
水です。


政治関連の番組での視聴者投稿による提案の内容なんですがね。



以下、投稿内容の抜粋

司法における裁判員制度と同様のものを立法に持ち込む
【政治員制度】の導入です。


具体的な制度設計としては、委員会及び本会議において
国会議員が法案や予算案について審議し、国民から抽選で選ばれた政治員が、それらの審議を全て聞いた上で採決を行う方式が考えられます。(議員は採決に加わらないようにします。)


政治員は裁判員と同じようにその身分を一切明かされないことで、外部からの圧力に左右されず、自らの良心のみに従って判断を下すことができるようにします。
これにより、利権への配慮や数合わせに奔走する政治からの脱却が期待できます。

【中略】

最近、公共事業を敵視するあまり、必要な公共事業まで削られる傾向にありますが、利権から自由な判断に基づいて決定された公共事業であれば、市民も納得して受け入れることができるでしょう。

また、市民の判断に基づいた政治が制度化されることで、市民の代表と名乗って極端なイデオロギーを推進する団体が、実は市民の声を代弁していないという事実も隠しおおせなくなります。


もちろん、この制度導入は既得権益を大きく壊すもので、政治家からの反発は相当に強いでしょう。
しかし、この制度導入一点に絞った政党を立ち上げ、必要な憲法改正・法案成立後、全員が辞任することを約束して選挙を戦えば、既存の政治の信頼を失った無党派層の支持を得られる可能性はあると思います。


政治員制度は、民度の高い日本だからこそ成功する可能性が高くて、日本オリジナルの民主主義を世界に発信するチャンスになると思います。




http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=hBiothmiqXc&NR=1
このいう考えが出来る人ほど・・・・政治家になって欲しいです。


スポンサーサイト

マスコミって・・・・・


さて・・・・これ観てどう思いますか?


http://www.youtube.com/watch?v=t1qXhe4Ea94


http://www.youtube.com/watch?v=u5AcVu42ebg

③  
http://www.youtube.com/watch?v=mVfl5gDnvsk


http://www.youtube.com/watch?v=cxA1o4piGrA


http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=s0dPT7yYNxc&NR=1



それらを踏まえて面白い動画も発見した。
http://www.youtube.com/watch?v=vhDklwy60bo


なるほど。

色々な見方があると思います。
こっからは俺の考えというか意見ですが


少なくとも
政治家には
様々な利権や圧力や思惑に立ち向かわなくてはならないのだなと。


色々な事が出てきてますよね。

やれ日教組・宗教・外資系・官僚・・・etc

そうした外圧に屈しない為には
力が必要です。強大な力が。

それって・・・・民意であるべきですよね?
そうした民意ってどうしたら良いですかね?

これが俺の意見であり
こうしてブログに書く事が
俺の答えです。

税と地方と好循環。メモ

国内問題の原点を考えてみる。


雇用の問題。自殺者。引きこもり。犯罪者増加。
銀行の貸し渋り。etc




将来が不安だからそこから不満が生まれ
そういった不特定多数の要因元凶が
不況によるものだと思っています。

これらを解決するには
企業が力を付けないとならないですよね。

それには銀行が持つ不安要素からの脱却が不可欠です。
要は融資の関係です。

企業が儲かる仕組みに変えないといけない。
それに伴って貸し渋りが減り
従って銀行の融資が得られ
よって、安定した雇用が創設できる。



企業が儲からない事には
給料が上がらないんですよ。

でもですね
日本の今ある企業の大半は
中小零細企業です。

その大半は自転車操業だと思います。
そうした企業はもう削れる所が無いとも思っています。




本題に行きます。
税制改革を行う。


消費税を暫定的に上げます。
5年間だけ。延長はしない。

10パーとする。

その代わり
義務教育・医療費・介護費
を5年間に限りタダ。



47都道府県を解体し
北海道・東北・関東・東海・近畿・中国・四国・九州沖縄
の8つに統合する。

※ちなみにこの5年間の内に
各市町村郡の統廃合
つまり合併を推進。
より無駄を省くために率先する。



消費税の税収は地方へ権限移項をし
※官僚と政府と地方の首長で議論をし割合を決定。
その他の税についても同じとする。


何てことは仮ですけど
要は税収における歳入と歳出を透明化する事が
最大の目的です。

無駄使いを極限まで削り
不正を出来難くする為に地方へ権限を与える。
※何故地方なのかは後ほど。


官僚と政治家やその他多くの大企業だけが儲かる仕組みを
即刻排除出来得る手法の一つなんじゃないかと
そう考えました。

机上の論理や机上の数字だけでは
国民一人一人の関心が薄いのは仕方ないと思います。
税収なんて言われてもピンと来ないですよね。


今よりも監視の目を増やし
不正の温床を正す事を目的とし
今まで通りの官僚主導に歯止めをかける為には
そうした所にメスを入れたらどうでしょうか?



そうした暫定的な5年の間に
税収の仕組みについての議論を重ね
どうあるべきか?
これらの公開討論会を行い
国民で決めれる様に変えて行けたら最高ですよね。

これこそが民主主義だと。




続きを読む

プロフィール

水

Author:水
おっさんの気紛れblog

好きな言葉

病は気から。
流した汗は裏切らない。
諦めたらそこで試合終了。
正しい事をしたかったら
偉くなれ。



( ゚∀゚)o彡°

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。